未分類

動画配信サービスを始めるならここ!

動画を投稿したり配信をするのは今や誰でも出来る時代になりました。でも今から始めても収益化をすることや有名になることは出来るのでしょうか?収益化をしたり有名になるためには工夫が必要です。そこで今回は「動画配信を始めるなら」というテーマで初心者が今からでも始めやすいところを紹介していきたいと思います。

動画配信をするならどこでするのがいいのか?

動画を配信をして収益化をするには大きく分けて2つの方法があります。
・動画を投稿してその動画に広告をつけて「広告収入」で収益化する方法
・リアルタイムに配信をして「投げ銭」によって収益化する方法
があります。大きな違いは、投げ銭は「視聴者」のポケットマネーから収益化をおこない、広告収入は無料で見た広告の再生回数によって「企業側」から収益化をするということになります。そのため初心者のうちから稼ぎやすいのは「投げ銭」による収益化の方が早く収益をあげられる可能性があるということになります。
そのため初心者のうちからなるべく早く収益化をしたいという人はリアルタイムに配信をする「ライブ配信」と言われるものをおこないながらリスナーを増やしていくという方法が良いと言えるでしょう!

17Live(イチナナライブ)

ライブ配信アプリではとても人気のあるサービスとなっています。稼いでいる人も多く有名になることが出来れば月に「1,000万円」以上稼ぐことも可能となっています。
収益化するためにはリスナーからの「投げ銭」によるものなので初月から収益化することは可能となっています。ですが、有名な配信者が多く輩出しているので有名になりリスナーを増やすのは大変かもしれません。
その代わりユーザー数はとても多いために「ライブ配信アプリ」サービスの中では一番稼ぐことが出来るサービスかもしれません。
どれだけ配信を続けてもリスナーからの投げ銭が無ければ収益化が出来ないので、いかにリスナーを増やすことが出来るかによります。

Pococha(ポコチャ)

最近とても注目されている動画配信アプリが「Pococha(ポコチャ)」と言えるでしょう。その理由はまだ比較的に新しいサービスであるということや「DeNA」が運営している企業ということで信用度があり、「広告収入」や「投げ銭」による収益化ではない方法で収益化できるところにあると言えるでしょう。
収益化するためには運営からもらうことができる「ダイヤ」というものを集める必要があります。このダイヤは毎日配信を続けている配信者や盛り上がっている配信などに運営からもらうことができるものなので少し違いはありますが「時給」感覚で稼ぐことが可能となっています。
毎日続けて配信をすることで「ランク」というものが上がっていきもらえる「ダイヤ」の数も多くなっていきます。誰でも継続していれば真ん中より上にいくことが可能となっているので時給換算すると「1時間=2,000円」前後は稼ぐことができるようになります。なんと言っても「安定して収益化することができる」というのが特徴と言えるでしょう。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)は全世界に2億人を超えるユーザーがいるというグローバルは動画配信サービスと言えるでしょう。そのため日本からでも海外のリスナーを集めることが他のサービスよりとてもしやすいと言えます。
日本ではまだまだですが全世界にユーザーがいるため日本を紹介しているような配信などでも海外リスナーを掴むことが出来れば結構な金額の投げ銭を期待することができるかもしれません。また外人からのコメントが英語などの外国語の場合もありますが「グーグル翻訳」が常備されているので簡単にコミュニケーションをとることもできるようになっています。
「投げ銭」による収益化になりますが、全世界で見ている人がいるためリスナーを集めやすいかもしれません。

ふわっち

ライブ配信サービスはどうしても若い世代(10代〜20代)の配信者が多かったりリスナーも若い世代が多い配信サービスもあります。「ふわっち」では他の配信サービスよりも年齢層が高めになっているため20代〜40代をターゲットにした配信でもリスナーがつきやすい配信サービスと言えるでしょう。
また「投げ銭」による収益化になりますが、投げ銭に使われるアイテムのレートが公式に発表されています。それがおよそ「50%」ということは他の配信サービスより高く設定されているため還元率がいいということになっているため報酬は高めと言えるかもしれません。

SHOW ROOM(ショールーム)

ライブ配信アプリとしては日本では有名な部類に入るのではないでしょうか?投げ銭による収益化ができるためライブ配信をして稼ぐことができるようになっています。ですが、他の配信サービスとは違い、素人感をウリにしているというわけではなく将来アイドルになりたい!や歌手になりたい!というような夢がある人がウケる傾向にあると言える配信サービスとなっています。そのため将来的にはテレビに出て活躍するような人になりたい!という考えであれば「SHOW ROOM(ショールーム)」で有名になることが出来ればそのままスターダムを駆け上がることもできるかもしれません!

動画配信サービスを始めるならのまとめ

今回紹介させてもらった動画配信サービス以外にもたくさんの配信サービスがあります。たぶんこれからもどんどん増えていくと思われます。
動画配信サービスは確かに「容姿端麗」な人の方が最初稼ぎやすいということもあります。ですが、それよりも毎日配信をして自分のリスナーになってくれる人を増やすことができる人の方が安定して稼ぐことができると言えるでしょう。
配信は楽しくやるものですが決して「楽して稼げる」ものというわけではありません。そのためにはどれだけリスナーを楽しませることができるかというものが重要になります。