Apple TVって一体なに?何に使えるの?

iPhoneやiPadなどを利用している人も多くいると思いますが、Appleユーザーでも「Apple TV」が発売されているのは知っているけど、どんなものか知らない!と言った利用方法を全く知らない人が多いですが、条件がピッタリハマる人は生活が変わる可能性もあると言っても過言ではない「Apple TV」を今回は余すことなく紹介していきたいと思います。

Apple TVとは?

「Apple TV(アップル ティーヴィー)」とはApple社で発売されているメディアストリーミング端末となっています。

使用方法としては、自宅にあるTVに「Apple TV」をHDMIケーブルを使って接続するだけで、自宅のテレビがインターネット経由でさまざまなコンテンツを利用できるようになるというものになります。

最近のテレビを購入するとスマートテレビと言われるテレビそのものがWi-Fiと接続できるようなものが多くなっていますが、自宅にWi-Fiさえ繋がっていれば「Apple TV」を接続するだけで自宅のテレビがスマートテレビへと早変わりしてくれます。

さらにそれだけではないこの「Apple TV」の利用できることを4つに分けて紹介していきます。

ビデオストリーミング

最近では、定額動画配信サイト「SOD(ソフトオンデマンド)」と言われるビデオストリーミングサービスを利用している人が多いと思います。

例えば「Netflix」や「Hulu」「Amazon Prime Video」などたくさんのサービスがあると思いますがそれを「Apple TV」を繋げたご自宅のテレビで視聴することが可能となります。

今まではiPhoneやiPadなどで見ていたかもしれませんが、それらを自宅のテレビで映せるので、家族一緒に見たり恋人や友人などと一緒に見ることも可能となります。

Apple TVに対応中のビデオストリーミングの紹介

・Apple TV+ 2019年11月2日より開始
・Apple TVアプリケーションの映画(iTunes Store)
・Amazon Prime Video
・Netflix
・Hulu
・YouTube
・Disney Deluxe
・AbemaTV
・GYAO!
・DAZN
・FOD
・ネットもテレ東
・paravi
・U-NEXT
・dailymotion
・dTV
・Vimeo
・Twitch
・ニコニコ動画
・Rakuten TV
・NBA App
・ビデオパス
・ESPN
・ビデオマーケット
・バンダイチャンネル
・劇場三昧
・NASA
・J Sportsオンデマンド

などなどビデオストリーミングアプリとしてリリースされているものなら「Apple TV HD(第4世代)」から発売されたものであれば、「App Store」に対応しているためすぐに追加インストールすることができるようになっています。

AirPlay

「AirPlay(エアプレイ)」はApple社の製品を使っているならばとても便利な機能なので利用したことがある人も多いかもしれません。
「Apple TV」を接続したテレビにAirPlay機能を使えば「音楽」や「動画」はもちろんのこと「写真」までテレビに映すことができるようになります。

アプリ

先ほども「App Store」に対応していると言いました。Apple Storeにあるものを追加リリースできるものは「アプリ」です。それは「動画」などだけではなく、「ゲーム」をテレビ画面で遊ぶこともできるようになることを意味しています。

さらに2019年9月20日から始まった「Apple Arcade(アップル・アーケード)」にも対応可能なのでさまざまなゲームがテレビ画面でプレイし放題ということになります。

HomeKit

最近CMなどで見かけるようなことができるようになります。

HomeKit対応のものであれば、「電気をつけて」や「リビングでジャズをかけて」などさまざまなことが声でも操作することが可能となるだけではなく、外出先からでも自宅の操作をすることが可能となるため自宅近くになった時に、「ガレージを開けて」や「エアコンの温度を下げて」などを外から操作することができるようになるので、自宅についた時には快適な温度になっているなんてこともできるようになってしまいます。