【Apple TV】初心者でもわかる!解説

iPhoneやMacBookなどのApple社の製品を使っている人は世界でも多くいます。

日本でも半分以上の人がiPhoneなどを利用しているので「Apple TV」という単語を聞いたことがあるひとも多いはずです。

でも知ってはいたけどどんな利用方法があり、どんな使い方をすればいいのか知らないという人がとても多く、「Apple TV」の本当の良さが伝わっていないと思い今回まとめてみました。よかったら参考にしていってください!

よく聞くけど「Apple TV」って何するものなの?

「Apple TV」っていうからテレビなのかと思っている人もいるかもしれませんがそうではなく、iPhoneやMacBookのように単体で使用するというものでもありません。

自宅のテレビとつけて使用するというものになります。

自宅に必要なものはインターネット回線とHDMI端子対応のテレビがあれば利用することができるようになります。他には「iTunes Store」のアカウントが必要となりますがiPhoneなどを利用している人ならば持っているので大丈夫だと思います。

使い方はテレビにHDMIケーブルを使って自宅のテレビと接続してWi-Fiの設定をするだけとなっています。それをすることによって何ができるのかというと

・「YouTube」や「Netflix」や「Hulu」といった動画定額コンテンツをテレビでも見ることができるようになります。

・「iTunes Store」にある映画や音楽を購入またはレンタルすることができ、同時にテレビで視聴することが可能となります。

・iPhoneやiPadなどに保存している画像や動画、音楽などを「Apple TV」経由で見たり聞いたりすることができるようになります。

・「iTunes Store」のゲームの中には「Apple TV」対応のゲームもありそれらを自宅テレビでプレイすることができるようになります。ゲーム専用のコントローラーも別売りではありますが販売しているため大型テレビでスマホゲームをプレイするのは迫力感が全然違います!

・「Air Play」という機能が搭載されているので、iPhoneやMacのサブディスプレイとしてテレビを使うことができるようになります。「Apple TV」に対応していないアプリやゲームでも「Air Play」を使うことでテレビにスマホの画面をミラーリングすることで映し出すことができるようになります。

「Apple TV」って値段はいくらするの?

最新型の「Apple TV」が第四世代と言われるものとなり2種類販売されています。

「Apple TV 4K」
32GBモデルの価格が「19,800円」(税別)
64GBモデルの価格が「21,800円」(税別)

「Apple TV」
32GBモデルの価格が「15,800円」(税別)

となっています。値段は高いかもしれませんが自宅の大画面でたくさんのことができるようになるというものなので最初に払うだけであとはかかりません。

iPhoneなどを利用している人ならば買いの「Apple TV」

アンドロイドやWindowsなどの製品を使っている人は「Apple TV」の価格が高いために利用するには大きなハードルがあると言えるでしょう。

「Apple TV」を利用する上で「iTunes Store」アカウントが必要となるのでApple社の製品を普段から利用している人にとっては便利なものとなっていると思います。

Siriにも対応していてテレビに向かって話すだけで音楽を流してくれたり、見ていた映画を再生したり好きなシーンまで飛ばすなんてこともできるようになります。

自宅のテレビを買い換えなくてもインターネットにつなぐことができるようになり、動画定額配信サービスやYouTubeを見ることができるようになるということを考えれば安く済むかもしれません!